寝坊主婦から朝活主婦への転身②




寝坊主婦から朝活主婦への転身① の続きです。

朝の楽しみを見つける。

朝しか一人の時間が無いのだから、子供たちがいるとしずらいことをしようと決めました。

まず、ドラマを見ることにしました。

夜8時には布団に入っているのですから、当然ドラマをリアルタイムでみることは不可能ですよね。

なので、録画して、朝、ゆっくり見ることにしました。日中は、子供達にテレビを占領されてしまいますし、仮にドラマを見ていても、つまらないなどのクレームが入って、話の内容が頭に入ってこず、イライラしながら見ることになるので、誰にも邪魔されない朝の時間に、好きな俳優さんを見ては、ニヤニヤしながら見ています。

少し寝坊したときは、倍速にしてみることもありますが、それでも一人でゆっくり見れたときは、1日のモチベーションが上がります。

時には、ドラマを見ながらスイーツを堪能したりすることもあります。

私は食べることが大好きなのです。

せっかくの一人の自分の時間ですから、独身時代に戻ったつもりで、どんな小さなことでも好きなことをしませんか。

スイーツをいただくときは、丁寧にコーヒーや緑茶をいれ、ゆっくりと味わっています。

スイーツの時もそうですが、食べ物や飲み物を「ゆっくり食べ、ゆっくり飲む」こともしています。

なぜ?と思うかもしれませんが、育児ママさんたちは、お子さんができる前より食べるのが早くなったという方いませんか?

お子さんが3歳くらいになるまでは、お子さんが食べている間は、目が離せないですし、おかずをこぼした、お茶をこぼしたなどいろいろと賑やかなことが多いと思います。そんな中、ゆっくり食べるなんて、本当、難しいですよね。

私もそうです。主人と結婚する前は、絶対に主人より食べ終わるのが遅かったのに、今では、早く食べ終わることの方が多いです。

なので、朝早く起きて活動していると、おなかが空くのが早くなるので、小さいおにぎりでも食パン1枚でも、一人の時にゆっくり食べることにしました。

よりリラックスしたい方は、リラクゼーション効果のあるBGMを流してもいいかもしれませんね。

1日1回、30分でも好きなことが出来ると、「今日も自分の時間が持てなかった」「どうして好きなことが出来ないのだろう。主人は、仕事で忙しくても自分の時間が持てているのに」などのマイナスな感情がだいぶ少なくなると思います。

私は、正直、ママ友が少ないです。本音で話せるママ友は一人しかいないです。

なので、そのママ友が忙しいと、自分の本心を主人以外に話すということが出来なく、上記のようなマイナスな感情が積もっていき、いつしか子供達へ向けてしまうことが沢山あります。これでは、ママどころか家族の笑顔も減ってしまいますよね。

朝活を始める前は、主人から「怒りすぎ」「ガミガミ声がうるさい家には帰ってきたくない」と言われたこともあります。

朝活を始めてからは、徐々に言われなくなってきました。

やはり、育児ママの朝活は、ママの笑顔はもちろんのこと家族の笑顔も作りますね。私自身、子供達と笑いあえる時間が増えたと実感しています。そして、育児と家事に追われている中、無理やり好きなことをしようとすると、子供達の要望へ本気で答えてあげることが出来ず、また、自分がしたいことも消化不良で、家族みんなの精神に影響を与えていたと思います。

昔から、ママの笑顔は家族の太陽と言われていますが、身をもって実感しております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。