朝活へのstep4~夫婦生活の維持~




朝早く起きるために、早く寝ると、どうしてもご主人様と生活する時間が少なくなってしまいませんか。

よりよい朝活をするためには、ご主人様のご理解も必要になってくると思うので、ご主人様とお話し合いのうえ、夫婦の時間も大切にしましょう。

私の場合は、夜の8時には布団に入るようにしているので、主人が仕事で8時過ぎに帰ってくると平日の主人との時間はありません。

主人は、繁忙期と閑散期がランダムにあり、またその差が激しいのですが、繁忙期が半年続いたときは、1日の会話はほぼありませんでした。

主人は、早くても出勤の30分くらい前にしか起きないので、平日はほぼ主人と過ごしていません。

朝は、お互いバタバタしているので(私の場合は、子供たちの世話で)会話をしても一言二言です。

また、現在、主人とは寝室が別です。

末っ子の長男が生後数週間までは、家族5人で寝ていたのですが、上の子二人の寝相があまりにも悪いため、私と子供たちは、子供たちの部屋で寝るようになりました。

私の朝活が軌道に乗り始めたころ、私は、自分の時間が増えたことでストレスが減ったこともあり、気分の良い日が続き、明日の朝は何をしようなど、前向きな気持ちが増えていました。

しかし、主人との時間のことは、一切考えていませでした。

だんだん、主人が冗談めいたように「家庭内別居だもんね」というようになってきました。また、その頃、主人が繁忙期であったため、会話は皆無状態でした。

主人は、私に朝起きていてほしい人なので、ありがたいことに、自分の帰りを待たずに寝ていてもよいと言ってくれています。

帰りが遅い時の主人は、疲れて帰ってきて、用意されたごはんを電子レンジで温め、一人で食べ、一人で寝るといった、まるで独身者のような雰囲気です。

数日程度なら、一人の時間が増えるので良いそうですが、それが1か月、2か月と続くと、家族と過ごす時間が無いことに虚しさを覚えるようです。

朝活で自分の笑顔が増え、子供達の笑顔も増えると信じて行ってきた部分もあるのですが、正直、主人の笑顔のことは、まったく頭にありませんでした。(子供が生れる前は、主人が一番で、主人の笑顔を見れるのがとてもうれしかったんですけどね。)これでは、「家族の笑顔が増える」とはいいがたいですよね。

朝活は、自己満足にしかすぎなかったことに気づき、どうしたら主人との時間も持てるか、主人の笑顔を見ることができるか考えました。

朝活を始めるときのように2点、工夫しました。

・週末は夫婦の時間にする

・楽しみを作る

週末は夫婦の時間

週末や翌日が休みの日は、少しだけ夜更かしをすることにしました。主人は、週末や翌日が休みの日は、深夜0時過ぎまで起きる人なので、朝活に影響がないように起きてまいます。

主人は、朝はほぼ子供達と会わないですし、夜もほとんど会えません。私と同じように会っても少ししか会話をできません。

なので、その時間は、今週の子供たちの様子や学校、幼稚園で合ったことを伝えたり、週末の予定を考えたりしています。

時には、お互いが好きな録画していたドラマや映画を見るときもあります。

・楽しみを作る

夜だけれども、金曜日の夜はスイーツタイムを設けました。

子供達には、ちょっと贅沢なスイーツを子供達には内緒でいただくことにしました。

ケーキ屋さんやお菓子やさんのスイーツではなくても、スーパーで売られているカップに入っているスイーツや、コンビニスイーツでも、子供達には少し贅沢なものを頂いています。

共通の趣味があるご夫婦は、そちらをするのもいいですね。私たち、夫婦は、これと言って共通の趣味が無いので、同じ趣味があるご夫婦はとても羨ましいです。

ただし、週末だけでも夜更かしをしたいと思っても、体内時計が早く寝る習慣がついているので、子供と寝てしまうことも多々あります。そういう時は、主人がまだ起きているせいか、大抵、夜中に目が覚めることも多いので、布団から起きて、少しだけですが、主人と会話をするようにしています。

子供の笑顔を見るのは、とてもうれしいですけど、毎日見ていますよね。でも、主人の笑顔を見ると、まるでご褒美をもらったような気分になります。だって、子供より先に愛し、愛された人ですからね。長く愛している人の笑顔は、最高です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。