朝活で簡単掃除。キッチンの換気扇




キッチンの換気扇の掃除は、厄介ですよね。

油のベトベト汚れは、なかなか取れないですし、ゴム手袋を使って掃除しても手袋がベトベトになって掃除しにくいですよね。

換気扇の掃除というと、年末の大掃除にするという方も多いと思います。

でも、油汚れを落としやすい時期ってあるんだそうです。それが、秋です。年末の忙しい時期、しかも、寒くて油が固まりやすい時期にするのではなく、秋の温かいうちにやってしまって、年末の忙しさを少しでも減らしませんか。

そして、この換気扇の油汚れは、寝ている間にきれいにできます。

準備

・重曹

・ゴム手袋

・換気扇の部品が入るくらいの大きい袋(ゴミ袋等)

・キッチンペーパー

・ラップ

・お風呂の残り湯

・入浴後のお風呂の温かさ

・使用済みの歯ブラシ

方法

まず、換気扇を取り外します。

油がべっとりですね。

天板は、水と重曹を混ぜたものを全体に広げて、キッチンペーパー+ラップでパックをしておきます。

天板以外を袋に入れます。

それを、お風呂場に持っていきます。

お風呂の残り湯って、温かいですよね。換気扇の部品が隠れるまで、お湯を入れます。

重曹を適量入れます。

お湯が溢れないように袋を上を結びます。

浴室内の温度がなるべく下がらないようにお風呂のふたを開けたまま、浴室の扉も閉めて、あとは寝るだけです。

朝起きてから仕上げ

浴室内に油が浮いているお湯が散らばらないように慎重に、排水溝へ流します。
↓換気扇の中枢部分。ひだの部分汚れは、落ちないので、この部分がはいる洗面器等に、お湯を張って、ぐるぐる回しながら使用済みの歯ブラシを使ってこすっていきます。力を入れなくても落ちますよ。

天板は、使ったキッチンペーパー+ラップで汚れを大体拭き取ったら、雑巾等できれいに噴き上げてください。

ピカピカになりました。

朝起きてから、20分もかからないと思います。

 年末の忙しさを減らしてスイーツ食べませんか?
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。