橋本病でも出産。




先日、NHKの佐伯桃子アナウンサーが、橋本病を乗り越えて第2子をご出産されたようですね。

おめでとうございます!

佐伯アナウンサーは、妊娠初期に橋本病が発覚したといいます。

いくら第二子とはいえ、妊娠中に病気が発覚したらショックですよね。

おまけに、投薬治療もあったようで、お薬の胎児への影響も気になるところですし。

私も、3番目の妊娠中、血液検査ではしかの検査項目で引っかかって、結局は陰性だったのですが、再検査の間はとてもドキドキでした。

橋本病のお薬について、簡単に説明しますね。

私は今、何も飲んでいませんが、私が飲んでいたのは「チラージン」という名前になります。

こちらのお薬について説明します。

私は、妊娠前に橋本病が発覚し、妊娠中は服薬しておりませんでした。

産後初めての検査で、結果が悪化していて産後半年くらい服薬していました。

ずーっと飲み続けないといけないと思っていたので、中止になったのは驚きでした。

担当医も、驚かれていました。結果が悪化したのは、原因不明で、良くなったのも原因不明でした。

考えられるとしたら、産後なので、検査した時がたまたま調子が悪かった時だったかもしれないということでした。

私自身は、常に寝不足だったり育児疲れがあるので、橋本病で体調が悪いって自覚症状ないんですよね(汗)

話が脱線してしまいました。

チラージンの話をします。

甲状腺ホルモンを安定させるためのお薬になります。

甲状腺機能低下症だったり、クレチン病等に使用します。

甲状腺ホルモンは、新陳代謝の促進をさせる作用があるので、

甲状腺ホルモンの量が悪化すると、太りやすくなるようです。

その場合、服薬して甲状腺ホルモンが安定してくると、痩せやすくなることもあるみたいです。

味とにおいは、無味無臭です。

服用回数は、朝に1日1回です。服用量は、症状によって違います。

味もしないし、においもないので、飲み続けやすいお薬だと思います。

気になるのは、妊娠や授乳中の副作用だと思いますが、ありません。

私は、完全母乳でしたが、特に問題もなく服用していました。

育児のバタバタで、1日1回とは言え、飲み忘れてしまっていたことが

多々ありましたが、運よく甲状腺ホルモンが安定してくれました。

橋本病は、私のように軽い方もいますが、生活に支障をきたすような方もいらっしゃいます。

お薬を飲めば、必ずいつかは体調を取り戻すことができるようです。

橋本病は、ただの体調不良、ただの疲労と区別がつきにくい病気です。

私自身も、いまだに何がどう普通とちがうのかわっていません。

でも、規則正しい生活だったり、睡眠と食事をきちんと取っていてもなかなか改善しない場合は、無理せず受診なさってみてください。

受診する科は、甲状腺科、外科、内科。

外科は、乳がん検査を取り扱っているところがいいかもしれませんね。

私は、たまたま乳がん検査でわかりました。

内科は、甲状腺を診てくださるか問い合わせしてから伺ったほうがいいかもしれません。

あとは、甲状腺専門医がいるかどうかも確認した方がいいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。