36歳。リウマチになりました。その2




整形外科でも、リウマチを診てくださるのは「リウマチ専門医」がいないと難しいようです。

ここに通う前に、どうしても肩が痛すぎて上がらなくて近所の整形外科に行きましたが、(ついでに右手首も診てもらいました)

肩と右手首のレントゲンを撮って、レントゲン上は問題なしとのことで、肩に痛み止めの注射を打って終了でした。

それで、選んだ病院は、楽天の専門医だけあってか、大人気。再診は予約なのですが、状況によっては予約は無かったことのように待つことも・・・・

初診は、予約なしなので長帳場になることを前提に行ったので、途中外出をして待っていました。

診察内容は、レントゲンと採血。

首と両手首と両ひざ。

写真上は、炎症も無ければ関節が変形、破壊させている様子もない。

ただ、痛いところが多岐に渡っているのでリウマチでしょうとのこと。

次回の診察で採血の結果がでるので、それで治療方針を決めましょうということでした。

そして、再診。

リウマチだと確定。ただ、幸いにも上に書いたように関節への症状が全くないことから、

リウマチの初期であるとのことでした。

治療は、投薬と週1回のリハビリ。

「リウマトレックス」と炎症を抑えくれる「プレドニン」がメイン。

リウマトレックスを飲むと葉酸が足りなくなるらしく、それを補う薬も。

飲み始めて、3週間。

まだまだ痛みや動かしにくいのは抜けていないけれども、

右手首や指にはだいぶ力を入れられるようになりました。

朝が一番つらいのは同じだけれど、朝の着替え、家事などの動作はだいぶ出来るようになりました。

ただ、日々の気候によるけれども。

正直、30代だし、子供たちにもまだま手がかかる、末の子が今年から幼稚園だから、今まで出来なかった家のことをしたら働き始めようと思っていたから、リウマチになるなんてって感じです。

でも、今しっかり治せば後遺症とかもなく治ると先生から言われたので、それを信じて過ごしていこうと思います。

結婚して10年。

すぐに子供を授かり、新婚気分はほとんど味わえていないので、主人が定年退職したら、二人でゆっくり旅行をすることが夢なので、今から動けない体になんてなってらんない。

だから、動かせる時は動かして、過ごしていきたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。