小学1年生。ボルダリング始めました。




次女、めでたく1年生になりました。

そして、幼稚園からの念願だったボルダリングを始めました。

次女、年中の時に、渡り鉄棒(雲梯)にはまり、卒園までほぼ毎日やっていました。

おかげで、みんなのお手本になるまで上達。

また、普段からいろんなところに登るのが好きなこともあって、ボルダリングを伝えたところ、

興味津々。

でも、一番近いジムは、小学生からの利用なので、卒園するまでずっと待っていました。

ボルダリングの経験は、半年ほど前に一度だけ。

高いところが苦手ではないので、登れる限りは上にいっていました。

でも、なかなかコツもいるし、登るところが決められているので、

自由に上りたかった次女にとっては、慣れるまでちょっと大変かな。

大人向けに作られているので、手が届かなかったりもするし。

なので、今、2回行きましたが、学校の疲れなどもあって、ちょっと辞めたいと言い始めています。

習い事でなく、1回ごとの料金なので、お金の心配はないのですが、

年中からほぼ毎日、やっていた渡り鉄棒でついた筋肉や体の使い方を鈍らせるのはもったいないなぁと親は思います。

学校にもう少し慣れたころに、再開してくれたらなと思っています。

スポンサーリンク

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。