3歳10ヶ月。療育&入園1ヶ月の言葉の進歩。

たまたま幼稚園入園も療育開始も同時期になった長男。

この1か月の言葉の進歩は、すごいです(親バカです)

家では、いつも使うことば数はあまり変わっていないし、はっきり喋れるようになったかと言えば、そうでもないかなと思います。

ただ、幼稚園であったことを伝えようと頑張って単語やジェスチャーで教えてくれるのですが、どうしても想像してあげられないことが増えてきて、長男がわかってもらえないと諦めちゃうので、「ごめん」っていう回数が増えてきました。

きっと話したいことが沢山あるんでしょうね。

ここ数日は、1語文だったのがちょっとずつ2語文になってきたような気がします。

幼稚園や療育の先生からは、長男からの発語が日々増えていますって報告をうけています。

お友達と一緒に遊んだり、ふざけたりして楽しんでいるようです。

幼稚園のお絵描きが楽しかったようで、家でも自由帳を持ってきて、書くことが増えました。

私が一番驚いたのは、返事とプールです。

未就園児クラスに通っていた時、点呼されても返事ができなかった長男。

いまでは、とても大きい声で返事をするのだそうです。

その話を聞いただけで、泣けてきました。

2週間後に保育参観があるので、今からたのしみです。

プールは、水遊びは好きなのですが、服が濡れるのが大嫌いな長男。

去年の夏、庭でプールを出していて、遊んではいましたが、すっぽんぽん。

海に連れて行っても、入りたいけど水着を着るくらいなら入らないと、、海に入りませんでした。

園では、自分で着替えてプールに入れたそうです。きっと、お友達がしていたからでしょう。

その日は、風が少しあったので、プールの話になるたびに、寒かったとジェスチャーで教えてくれました。

会話が出来なくても、うまい具合にやり取りができるのはすごいなと思います。

また、ジェスチャーのレパートリーが多いので、役者さんにもなれるんじゃないかと思うくらいです。(親バカ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。