リウマチ治療と公的支援

リウマチ治療はお金がかかる!

リウマチ。アクテムラ(点滴)の治療費 より)

アクテムラの治療を開始する際、

治療が高額になることの説明は受けました。

ただ、受けられる公的支援は、医療費控除だけですね、との説明でした。

簡単に、公的支援の種類を挙げると

  • 高度療養制度
  • 高額医療費貸付制度
  • 身体障碍者福祉制度
  • 公的介護
  • 医療費控除
  • 障害年金

の以上があるそうです。

主人の会社の健康組合の説明も見ましたが、私の場合、

高額医療制度等の助成金の対象外でした。

高額医療制度が適用できるかどうか、計算してくれるサイトがたくさんあったので、気になる方は検索してみてください。

だから、医療費控除しかないのかなぁと、給付金も底つくし、

これから生活費削っていかないといけないのかなぁと思っていたら、

主人から

「リウマチでも、障害者手帳取得して医療費の他、様々な面で優遇されている人いるよ」と。

申請するにも、どのくらい可動域があって、握力があって、どの程度生活に支障を来しているのか、病院で検査をしないといけないのですが。

リウマチで障害者手帳を頂いている方のブログを見ると、

正直、私より症状が重いなと思いました。

確かに、私もアクテムラをしないと2か月後には、痛みこわばりなど、

QOLが下がります。

でも、現時点では、日常生活に支障を来すまではないですし、手指に力をいれた動作もできますし、まぁ、負担をかけなければ、多少痛みがあってもやっていける範囲です。

なので、手帳をもらえるならもらいたいけど、申請すらできるかな???

とった印象です。

でも、物は試しなので、先生に相談したいと思います。

それに!再来週、たまたま役場の障害手帳の窓口の課に用事があるので、相談してきます。

更に、タイミングがいいことに、その2日後には通院日なので、ある程度の結果は再来週には得られそうです。

どうか、申請できますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。